画像
画像
画像
イソフラボンについて

イソフラボンの過剰摂取による副作用の可能性

私がイソフラボンを飲むようになってから既に2年が経ちます。
飲み始めたきっかけはやはりその効果で身体に良いという事で癌の予防にもなり他の栄養の吸収を促進する役目もあり、代謝も少し向上されるので進んで飲むようにしています。
イソフラボンは市販のサプリメントで簡単に購入出来て摂取できます。
私は毎週ドラッグストアで購入するようにしており、サプリメントで摂取しない場合は納豆などのダイズ食品からも多少摂取できるので私個人ではサプリメントと使い分けています。
ずっと同じサプリメントでも飽きてしまうので違う会社のサプリメントを試してみることもありますが、今では同じ一つの会社のサプリメントを選ぶようになりました。
自分にあったサプリメントを色々試してみて選ぶことは重要です。
 私がこのイソフラボンを飲み始めたころは実は何が身体に良いのか良く分からなかったので、一日3回朝昼晩と摂取していました。
そうすると、始めて数日は少しお腹が緩くなったように感じましたがそれ以外では特に問題はありませんでした。
それをさらに続けていくと少し胃が痛くなるように感じたのであまり多く飲み過ぎてはいけないものだと思い一日2回に飲む量を減らしました。
さらに、いまでは一日一回飲むようになりました。
これは友人の医者から聞いた話ですが、何でも飲み始めは飲むまでの体内の不足分や余剰分の整理をするため飲み始めには異常が出てくることが多く、しばらく飲んで身体の栄養バランスが整ってくると飲み方を変えて回数も量も減らして大丈夫なのです。
ずっと同じ量飲んでいては逆に過剰摂取になってしまうので注意が必要です。
 イソフラボンは納豆等の食品から摂取する場合には過剰に摂取する事はほぼ不可能ですが、サプリメントで摂取する場合には栄養が凝縮されているのと簡単に飲めてしまうのでどうしても過剰になりやすいのです。
現在の所、イソフラボンの過剰摂取で身体に害があるという報告はないのですがあまり過剰に摂取する事はオススメできません。
私自身が体験した事のあるものでは、その胃の痛みと下痢ですが、少し食欲が低下したような気もします。
イソフラボンの過剰摂取による副作用というほどでもないのですが、この栄養成分は体内のホルモンに似ているので過剰にホルモンが出ていると身体の各組織が判断してしまうと他の異常も見られるようになってしまうでしょう。
あまり無理をした飲み方はせずに普通に飲むことが最も良いでしょう。
 副作用というのはサプリメントにおいてはほとんどないものですが、効果があるからと言って大量に飲んでも栄養成分は体内には残らず体外へ排泄されてしまいます。
いくら効果が素晴らしいものでも量を守らなければ意味がないので注意して控えめに飲むのが良いようです。
私はしっかりと食事を主体としてサプリメントも摂取していますが、私の友人や知人にはサプリメントだけをがぶ飲みしているだけの人もいます。
これではあまりその栄養分を吸収できなくなってしまうのでサプリメントだけのがぶ飲みはやめて少しでも良いので食事と一緒にサプリメントを摂取するようにすると胃や腸の働きも強くなってより栄養の吸収力が向上し健康にも良いでしょう。
 適切にサプリメントを摂取して良い生活を送れるようにしたいものです。