画像
画像
画像
イソフラボンについて

大豆に含まれるイソフラボンの効果

イソフラボンの含まれている健康食品の多くはカプセル型のものや錠剤型の者がおおく簡単に摂取出来てかつ持ち歩きもできるので非常に便利で私も日々飲用しています。
私がこのイソフラボンを飲むようになったきっかけは風邪をひいて体調を崩した時で、始めはその効果は特に気にせずに購入して飲みました。
私の友人の話によると消化器官の働きを助けるという効果もあると聞いて食欲がない風邪の時に摂取し始めました。
この健康食品は女性にも良い効果があり乳がん等のリスクを減らせる効果も期待されているといわれています。

私は多くの健康食品を試したことがありますが、このイソフラボンのサプリメントは価格もそれほど高くないので簡単に買う事ができ長く続けられます。
他のサプリメントはその精製の方法が難しいものや精製のための過程や原料が複雑なものがあるので価格が高くなりやすいのですがイソフラボンの原料は主にダイズなので日本で多く栽培されており原料が豊富にあり、サプリメントを用意しやすいという点から安く消費者に提供できています。

私自身、健康のために飲んでいるのですが男性であっても癌のリスクを軽減できるので目的意識を持ちやすく飲み続けやすいものになっています。
このサプリメントは他のサプリメントと同様にたくさん飲めば良いのではなく、主食と副食を中心に補佐的に摂取する事が前提としてあげられます。
このサプリメントだけに頼っていくのは逆に不健康なのでしっかりと健康を意識して飲むことが大切です。

 ここであげているイソフラボンはサプリメントでしか取れないわけではなく多くの食品にも含まれています。
 ダイズに多く含まれているこのイソフラボンは納豆やダイズ食品にはおおかた含まれているので味噌、納豆、豆腐などからも摂取する事ができます。
日々の食事の中でもこのダイズという健康食品を意識して食事を工夫すると良いでしょう。

また食品の中で海藻類を一緒に摂取する世に心がけることが大切です。
このダイズに含まれている成分は体内のヨウ素という物質の吸収を阻害してしまいます。
これが阻害されてしまうと甲状腺肥大という病気にかかってしまうので注意が必要です。

特にこのヨウ素という成分は海藻などに多く含まれるので内陸部に住んでいる方は特にヨウ素が足りなくなってしまう事が多く、さらにダイズばかりを食べているとヨウ素の吸収まで阻害してしまって健康に良くないです。

海藻とイソフラボンを一緒に摂取して過剰摂取による病気にならないように注意しましょう。
 サプリメントでもあまり過剰量摂取するとやはり身体に害があるので気をつけて飲むことが大切です。
私の場合は少し下痢をしたくらいで済みましたがあまり健康に良いからと言って飲み過ぎは良くありません。

 このサプリメントは私は一日一回朝に摂取しています。
これは朝のうちにしっかりと栄養をとって一日を過ごしながら健康を維持するようにしています。
夜に摂取していた事もあるのですが、夜中寝ている時にお腹が緩くなってしまったので昼にかけての時間に飲むようにします。

朝食で一緒にたくさん栄養が摂取出来ればそれだけ一日が健康で送れるようになるので進んで摂取できます。
 サプリメントにはそれぞれの飲み合わせのあるので自分の身体に合った飲み方を見つけると良いでしょう。