画像
画像
画像
イソフラボンについて

イソフラボンは女性に強い味方である。

今の現代を生きる人にとっては、食生活は豊かになり栄養失調などの栄養が足りなくて病気になる事は少なくなってきているでしょう。
それと同時に肥満や糖尿病など昔では、さほど多くなかった病気がたくさん出てきたと思います。

最近良く聞く言葉で成人病もそのひとつだと思います。
そんな現代人は病気に比例して健康や美容と言うような言葉にもとても関心をもっているのも事実です。
特に女性は美容に関してとても興味を持っていることでしょう。

私もその中のひとりであります。
女性に良いと聞くと色々なキーワードが出てきますが、中でも注目しているキーワードのひとつとして、イソフラボンが挙げられます。
それはどういう物なのかと言うと、ポリフェノールの分類のひとつでイソフラボンを基本骨格とするフラボノイドであるらしいです。
どの成分の中に多く含まれているかというと、豆類が多いそうです。

イソフラボンを摂取すると乳がんの発症予防にも良いと聞いた事がありましたが、それが誤報だったと報告が出ているようです。
2006年には、食品安全委員会では現在までに入手可能な人実験に基づく知見では、大豆イソフラボンの摂取が女性における乳がん発症の増加に直接関連しているとの報告はないと報告されているらしいです。

その一方で厚生労働研究班による大規模なコホート研究では、食品からのイソフラボンの摂取量が多いほど日本人女性の乳がんや脳梗塞心筋梗塞、男性の一部の前立腺がんのリスクが低下するという相関関係が見られたと発表されている。

どちらにしても健康には良い物なので私自身は積極的に取り入れている食品のひとつになっています。
私は今ダイエットをしており、それと同時に月経が来なかったりする病気にもなっているので、女性ホルモンに結びつきそうな食材を摂取しています。

1番手頃で毎日続けられるイソフラボンの摂取方法としては、やはり大豆食品です。
しかも低価格ですし高たんぱく低脂肪ときたら、ダイエットにはもってこいの食品ではないでしょうか。
私が好んで食べる食材としては納豆、豆乳、豆腐、おからです。

納豆も毎日1パックは食べるようにしています。
豆腐も豆腐ハンバーグにしたり卵とじなどにしたりして飽きがこないように楽しんで取り入れています。
おからに関しては、お菓子にも使用でき、おからドーナツやパンケーキにも入れているので、とても重宝しています。

簡単に摂取できて、食物繊維も豊富なので便通も良くなりスーパー食材と言えるイソフラボンは女性の強い味方です。
後は、味噌汁も大豆から出来ているで無理なく取り入れられると思います。

大豆以外でも取り入れるとしたら葛と言う食材も大変良い食材です。
どうしても大豆が食べれない、苦手と言う人はサプリメントを使えば取り入れることが出来るでしょう。

後は豆乳飲料やお菓子なども充実しているので手軽に摂取出来るのでとても助かりますね。
しかしどんな食材でも過剰摂取しすぎると良いものでも、悪い方向にいってしまうので、1日に必要な量だけをうまく取り入れていくのが無理をしないで長く摂取していける方法だと思います。

大豆商品は昔から多く存在しているので、若い人でもお年寄りでも問題なく摂取出来るのが良い点ですね。