画像
画像
画像
イソフラボンについて

イソフラボンはダイエット効果も期待できる

以前化粧品会社に勤務していた際に、30代後半になると急激に女性ホルモンが減少し始めるという事を聞かされ、自分自身が丁度その年代に差し掛かっていた事もあり、とても強いショックを受けました。

勿論年齢が高まるほどに女性ホルモンが減少し、40代の中頃以降閉経しはじめる人が多いという事は以前から知ってはいたものの、30代後半になると、坂の上からボールを転がしたような猛スピードで減少しはじめるという事は考えてもいなかったのです。

女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、肌の生まれ変わりが上手く行えない為に、シミが作られ易くなったり、肌にハリが無くなり、しわやたるみが起こり易くなり、肌だけではなく体にも様々な変化が起こり始めるという事は、仕事がら嫌になるほど知ってはいましたが、それほど急激な変化を30代後半で迎えるという事に驚いたものです。
それでなくとも、年齢と共に代謝機能が低下する事で、老化現象は起こり易くなるのですが、その上女性ホルモンが減少する事で、女性ホルc唐ェ脳へ下していた食欲を抑制させる働きや、骨からカルシウムを流出させないようにしていた命令がスムーズに行えなくなるのです。

当時、30代の後半を目前にしていた私自身にも、以前よりも甘いものが以上に食べたくなり我慢できなくなったり、ついつい過食してしまいがちになったりと、女性ホルモンの減少を思わせる兆候が幾つかあった為に、とても不安になりました。

このままでは、気になる肥満やシミ、しわなどに悩まされる日も遠くないのだという恐怖を感じ始めました。

それまでの私は、勿論20代に時に比べれば、年齢を重ねてしまったという意識は有ったものの、老化という事に対しては、それほどの実感を抱いていなかったので、30代後半から急激に老化現象に襲われるという事実を知り、直面しつつある現実を何とか対処できないものかと考えました。

当時、勤めていた化粧品メーカーでも、健康食品の取り扱いもあった事から、アンチエイジング効果のある栄養素に関しての勉強をする機会も多かったので、それを利用して、様々な情報を集めたところ、女性ホルモンの働きに最も近い代用できる栄養素を見つける事が出来たのです。

それは、大豆製品等の豊富に含まれているイソフラボンでした。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンととても似ている働きを持つもので、食欲を抑制したり、骨を溶かす事を阻止する為の脳への指令が行える成分です。

その為に、肥満体質を予防する効果や、脂質を体内に蓄積させないようにできる効力を持つ為に、体に余分な脂肪を付きにくくさせる事が出来ます。

当時、アイスクリーム等の脂質の多いデザートや、焼き肉などの脂っこい食事を好んでいた私にとっては、フラボノイドの効能は、極めて適している物でした。

徐々に体重が増加傾向にあり、それまでウエストの周りには贅肉があまりつかない体質であったものが、明らかに一回り上のサイズに洋服を買い替えなければ成らいない事態だったのが、イソフラボンのサプリメントを利用してから、増加した分と同じくらいの体重が自然と落ちて行きました。

イソフラボンの効果をあまり知らなかった時には、肌の老化に効果的だという程度の認識しか持ち合わせていませんでしたが、高いダイエット効果を得る事が出来た事には、自分自身でも驚くばかりでした。

30代以降の女性には、最適な栄養素です。

冷え症はダイエットの大敵です。
そんな大敵である冷え症を治すにはマカがおすすめです。