画像
画像
画像
イソフラボンについて

イソフラボンは女性の強い味方です

イソフラボンというと真っ先に思い浮かぶのは大豆です。
大豆の胚軸に多く含まれている抗酸化物質です。
イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと同じような構造と働きがあり、女性ホルモンが加齢とともに少なくなってきた女性にとても役に立つ優れたものなのです。
私も、加齢とともに女性ホルモンの分泌が少なくなってきているであろう症状に悩まされる年頃になってきました。
女性ホルモンが少なくなってくると更年期が訪れます。
経験のない人にとっては、わからないつらさがあります。

何とか症状を和らげるものがないものかと探していた時に出逢ったのが大豆イソフラボンでした。
最初は、大豆と聞いたので普段の食生活に豆腐などを多く取り入れた食事にしてみましたが、食品で毎日豆腐や納豆を食べるのも限界があり、何と言っても家族の中には育ちざかりの学生もいるので大豆製品ばかりでは不平が出てきてしまいました。

大豆だけでなく、ザクロや亜麻の種やライ麦などにも多く含まれていることが分かってきました。
食事だけでイソフラボンを取ろうとするとほかの重要な栄養素が取しまいます。
やはり、効率的に吸収することを考えたときにはサプリメントが効果的でお手軽で結果的には安上がりになるかもしれません。
私も、気軽にとれるサプリメントにいつの間にか変わってしまいました。
もちろん、普段の食生活に豆腐などの大豆製品を積極的に取り入れることも忘れてはいません。

豆腐などの大豆製品は低カロリーで体にもお財布にもとても優しい食材ですので、ある程度は食卓に上っています。
更年期というと、どんな症状が訪れるかというと、ホットフラッシュと言われる症状があります。
何もしていないのに体がほてったり、のぼせてしまったり、急に汗が止まらなくなってしまったりします。

つらい時には足がほてって眠れなかったりします。
骨粗しょう症などにならないためには、カルシウムもとる必要があるのですが、女性ホルモンが少なくなっていると折角摂取したカルシウムが流出してしまうのです。
イソフラボンと一緒にカルシウムを取ることで効果的に骨粗しょう症の予防をすることができるのです。

健やかな老後を送るためには、骨も丈夫でなければいけないのです。
他にも女性にとても良い効果があるのです。
女性ホルモンが多く分泌されるとお肌の調子がよくなるのですが、更年期を迎える年ごろになると、お肌にハリはなくなるし、しわができるし、なんとなく顔全体が下がってきているのを感じることがあります。

大豆イソフラボンを取ることによって、女性ホルモンの代わりになり肌の調子を整えてくれるのです。
皮膚の細胞はターンオーバーを繰り返し常に新しい健やかな細胞と入れ替わっているのですが、その働きが弱ってくるのを助けてくれるのです。
肌の奥のコラーゲンを増やし、肌を健康にしてくれます。

サプリメントを取り始める前と比べると肌の調子は段々とよくなってきています。
イソフラボンだけではなく、コラーゲンやヒアルロン酸コエンザイムQ10なども併用することで効果も倍増です。
我ながらまだまだ若いこの肌には負けてはいられないと、日々忘れずにサプリメントを取りつつお手入れをしています。