画像
画像
画像
イソフラボンについて

独身、一人暮らしの女性に特におすすめのイソフラボンサプリ

イソフラボンという栄養素の名前を一度は耳にしたことがあると思いますが、女性特有のホルモンの一種と言われるエストロゲン、卵胞ホルモンに似た化学構造を持った成分で、特に女性には必須であると考えられています。
なぜなら、女性に必要な成分でありながら、加齢とともに分泌が少なくなり、閉経後の更年期障害の引き金になるとも考えられているのです。
ですから、似た働きを持つイソフラボンを安定して摂取することにより、女性にとってつらい不定愁訴を軽減するだけでなく、高齢になると心配になる骨粗しょう症を予防し、いつまでも若々しく、うるおいのある状態に保つのです。

それには、更年期を迎える直前に思い立ったように摂取するよりも、安定して毎日摂取することが必要なのです。
意識して食生活に取り入れるだけで、将来的な女性の健康に良い影響が期待できるのであれば、やはり積極的に取り入れる方が良いでしょう。
私もこのイソフラボンが脚光を浴びてから、比較的早い段階で摂取しはじめました。

まず始めたことは、イソフラボンが一体何の食品に多く含まれているかを調べ、食生活にどのように取り入れたらよいかということを考えました。
イソフラボンとは、主に大豆製品に多く含まれていて、通常の食生活に大豆製品、たとえば豆乳、納豆、豆腐などを必ず組み入れることによって、案外容易に1日の摂取量を摂取することができます。

とはいっても、私は当時独身の一人暮らしでしたから、毎日定期的に大豆製品を摂取すること自体少し困難だと思ってしまったのです。
仕事の忙しさから、自炊は週に1日できるかできないかという状態でした。
そこで、イソフラボンをサプリメントで摂取することを考えました。

サプリメントに頼らずとも、自炊が出来なくても、豆乳が飲める方なら、比較的簡単に摂取可能ですが、何しろ豆乳が苦手でしたから、我慢せずに毎日となると、サプリメントは大変便利でした。

サプリメントはもちろん、毎日忘黷クに飲みさえすれば安定した摂取量をキープできますし、決められた分量を守っていれば、過剰摂取を防ぐこともできます。
しかもサプリメントを飲んでいるのに、たまたま大豆製品を多く取り入れた食事をしたとしても、極端すぎる過剰摂取でないかぎり、オーバーした分は自然と排出されるので、安心でした。

そして、現在もイソフラボンの摂取は続いています。
効果のほどははっきりとしたものではありませんが、これから先の更年期の時に実証されるのかもしれません。
しかし、今まで摂取し始めてから、女性特有の病気や症状には悩まされることなく過ごしてきましたし、出産後も体調を取り戻すのに苦労しなかったことを考えると、やはり体の中でしっかりと作用しているのかなと感じています。

日本人は古来から肉よりも植物性のタンパクを摂取する機会が多く、体的にも植物性のタンパクや栄養素を吸収しやすいのだと考えています。
ですから、大豆などから手軽に摂取できて、女性を健康に保つことができるのですから、特に独身で、一人暮らしで大豆製品摂取が少ない方や、私のように味が少し苦手だと感じている方でも、サプリメントで定期的に摂取していくことで、加齢も怖くない体づくりをゆっくりと初めていくことをお勧めしたいのです。