画像
画像
画像
イソフラボンについて

お金をかけずに簡単イソフラボンダイエット

イソフラボンの効果は主に女性ホルモンと同じ働きがあります。
コレステロール値の上昇を抑えたり、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、動脈硬化や骨祖鬆症の予防や改善などに効果があると言われています。
また、抗酸化作用により、活性酸素を除去する効果もあると言われ、美容やアンチエイジング、生活習慣病の予防などの効能があります。
過剰摂取の副作用は、特にありません。
ただし、大豆アレルギーの方は注意が必要です。
1日の摂取量目安は70mg~75mgです。
そのうち、特定保険用食品やサプリメントなどで摂取する場合は1日あたり30mgまでが上限といわれています。
残りの40mg~45mgは食品で摂取することになります。
また、15歳未満の方や妊娠中、授乳中の方は、イソフラボンを普段の食事に上乗せして特定保険用食品やサプリメントなどでとり過ぎることは推奨できないと言われています。
何でも摂取しすぎると影響が出てきてしまうんですね。
この事を踏まえて先日からダイエットに取り掛かっています。
私は運動が大の苦手なため、食事を変えていこうと思い、ネットの口コミや雑誌で調べていたところ、このイソフラボンダイエットがお金も手間もかけずに体にも良さそうだったので、試してみることにしました。
まずはどんな食品にイソフラボンが入っているのか調べてみました。
大豆・豆乳・豆腐・納豆などです。
納豆や豆腐は結構食べるけど、気を抜くと1カ月食べないなんて事もあります。
ここで食生活を見直しダイエット計画を立て始めました。
朝食は、豆腐半丁・お昼は普通に食べて、夕食は炭水化物の代わりに豆腐を食べました。
毎日だと飽きてくるのでバリエーションを変えて工夫して食べました。
普段は、豆腐の上にしょうがやみょうが、をのせて食べたりしましたが、それだとすぐに飽きてくるので、長いもをすって、つゆのもとと、わさびをのせて食べたり、おくらや納豆を上からかけて食べたりしました。
消化が早いようで、ダイエットを始めたばかりの時は寝る前になるとお腹が空いてくるので我慢して寝ました。
最近は胃が少し小さくなったみたいで何ともなくなりました。
1週間で体重が-1.8キロ痩せました。
やっぱり痩せると体調がいいです。
体も軽くなりましたし、いいことだらッです。
休日の夜は気が緩んでしまいそうになるので、豆腐鍋にして食べています。
豆腐を一丁入れて、野菜を沢山いれます。
あとは、春雨を入れてます。
味は鳥塩や白菜、キムチ、豆乳、カレーなど、色々変えて楽しんでいます。
最後に麺やご飯を入れたいけどここはぐっと我慢しています。
気になる体重ですが、運動なしで1ヶ月で-3.5キロ痩せました。
運動したらもっと痩せるかもしれません。
一応心掛けている事として、会社の通勤時、駅の中以外は全てスロージョギングしてます。
そして、エスカレーターは使わず常に階段です。
以前は動くことが嫌でした。
何か損した気持ちになるんです。
最近は、イソフラボンを摂取してホルモンが安定しているせいか気持ちまで安定してきました。
毎日通勤時のスロージョギングとイソフラボンのお陰で便秘も解消されました。
ぽっこりお腹もぺったんこになりました。
安い食材で運動もせずこんなにいいダイエットはないと思います。