画像
画像
画像
イソフラボンについて

生活習慣病の予防の効能のあるイソフラボン

イソフラボンは生活習慣病の予防にも効果があると言われています。
現在では日本人の死因の60パーセントほどが生活習慣病によるものとされています。
先進国の中でも肥満率は低い方ですが、今や4人に1人が肥満となり、メタボリック・シンドロームの危険性が叫ばれるようになりました。
病気や怪我などで、健康が損なわれている期間を引き算した健康な期間を「健康寿命」と言いますが、日本人の平均寿命は延びているのに健康寿命は短くなってきているのです。
この原因として挙げられるのが生活習慣病というわけです。

生活習慣病は、日頃の運動や食事、休養といった習慣によって招いているものです。
中でも食生活の習慣はとても大切です。
白米のご飯に野菜と魚といった和食中心の食生活から、肉や油ものが増え、不規則な食生活やインスタント食品などガラッと変化してしまいました。
動物性脂質、動物性タンパク質などの摂取量が50年ほどの間に4~4.5倍にも増えたしまったのです。
そして反対に、食物繊維は6割程、炭水化物は約7割も摂取量が減少してしまいました。
このような食生活の変化が生活習慣病を招いてしまったのです。

このような状況から食生活が見直されるようになり、昔は日本人の食事には必ず欠かすことなかった大豆が注目されるようになったのです。
大豆には大豆イソフラボンが含まれ、この大豆イソフラボンが生活習慣病の予防に効果を発揮します。
イソフラボンが体内の活性酸素を抗酸化成分をによって取り除きます。
活性酸素は心臓病や動脈硬化、心筋梗塞や糖尿病、胃炎といった、すべての病気や老化現象の8割~9割は、活性酸素による細胞のサビが原因となっていることが分かっています。
さらには、イソフラボンには肥満を抑制する働きもあるので、食べすぎを防いで肥満を予防することもできます。
また、イソフラボンの抗酸化作用で血液がさらさらになり、新陳代謝を上げることもできます。

適度な運動や休養をとるといった習慣をつけるとともに、イソフラボンが含まれる食品を積極的に摂取して健康な体を維持するようにしましょう。