画像
画像
画像
イソフラボンについて

活性酸素を除去する効果のあるイソフラボン

酸素は人間が生きていくためには絶対に必要な物質で、呼吸することで体内に取り込み、エネルギーを燃やして生命を維持しています。
ところが、酸素にはマイナス面があり、体内に取り込まれた酸素量の2パーセントほどが活性酸素という悪玉酸素へと変化してしまうのです。

活性酸素は体内で毒となり、細胞や血管の組織に張りついて酸化させて破壊し、損傷を与えます。
そして細胞や血管の機能を低下させてしまい、細胞の老化や動脈硬化、心臓病やガンなどの大きな原因となってしまうのです。
さらには人間の老化を早めて、女性にとっては気になるシミ、ソバカスなどをつくり肌の老化も進めてしまうのです。

体内には、活性酸素をなくしてくれる抗酸化物質があります。
しかし、体内の抗酸化物質は活性酸素をなくす働きをすると同時に酸化されてしまって、今度は体内でトラブルを起こし始めてしまうのです。
活性酸素を除去し、抗酸化物質を安定した形に保つためには第三の物質が必要であり、それがイソフラボンなのです。
イソフラボンには活性酸素を除去する抗酸化物質と、抗酸化物質を安定させる作用があるといわれています。
これらが組み合わさることで、強力な抗酸化作用が体内に生み出されるのです。

活性酸素が発生してしまうのは、酸素を必要不可欠とする私たち人間にとっては避けられないことです。
現代社会において、ストレスや喫煙、食品等に添加された化学物質、さらには大気汚染などは避けられないものであり、必要以上の活性酸素を体内発生させる原因となっています。

活性酸素を除去するためにはイソフラボンが必要です。
イソフラボンを摂取することで抗酸化成分を体内に取り込み、活性酸素を除去するのです。
イソフラボンは大豆由来のものが手軽に摂取しやすく、豆腐・納豆・味噌など大豆加工食品で摂取することができます。
最近では大豆イソフラボンの特定保健用食品やサプリメントなどもあります。
毎日の食事に大豆製品を食べて、大豆イソフラボンの特定保健用食品やサプリメントも取り入れたりしながら、活性酸素を除去するように気を付けていきましょう。