画像
画像
画像
イソフラボンについて

イソフラボンの効果について

イソフラボンは主に、美容、更年期障害や骨粗鬆症、ガンや動脈硬化などに効果があると言われています。
女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするので、イソフラボンによって女性ホルモンの不足や過剰分泌を調整することができます。

のぼせ、ほてり、発汗、心悸亢進、憂うつ感、冷え性、不眠、焦燥感、記憶力・判断力の低下、耳鳴り、全身倦怠感などの更年期障害は女性ホルモンの不足が原因となりますので、女性ホルモン
作用のあるイソフラボンは大変有効です。

骨粗鬆症は骨の代謝が悪くなると発症します。
女性ホルモンは骨の代謝に関係していて、不足すると骨からカルシウムが排出されてしまいます。
イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きを持っているので、骨からカルシウムが溶け出すのを防いで骨粗鬆症を予防する効果があるのです。

イソフラボンは女性ホルモンの過剰分泌には抑える効果を発揮するので、女性ホルモンの過剰がきっかけとなる乳ガンの予防になることが明らかになっています。
乳ガンと同様にホルモンが関係する前立腺ガンや子宮ガンに対しても、イソフラボンが効果的に働くと考えられています。
また、イソフラボンには抗酸化作用、ガンが作る新生血管の阻害活性も報告されています。
乳ガンや前立腺ガン以外にも、肺ガン、大腸ガン、白血病、肝臓ガン、胃ガンなど、多くのガン予防に対しての有効性が期待されています。

動脈硬化に対してはコレステロール値を低下させるという効果を発揮します。
これも女性ホルモンと同じような働きの1つで、コレステロール値の上昇を抑えます。
このような効果によって動脈硬化を防ぎます。

さらに美容にも効果を発揮します。
イソフラボンには女性らしい体をつくる女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きを持ち、保湿性の向上・美白作用などの肌への美容効果も認められています。
その他にも、生理不順の改善やバストアップなど女性にはうれしい作用もあります。

イソフラボンには多数の効果があるので、女性ホルモンの調整のためになるべく摂取するようにすると良いでしょう。