画像
画像
画像
イソフラボンについて

title

イソフラボンを活用しよう!Let's take advantage

画像

イソフラボンは今、非常に大きな注目を集めている健康成分です。
健康促進への効果はもちろんのこと、美容やダイエット、バストアップなど幅広い効能を期待できるのが魅力です。 女性にとっては嬉しいことだらけの成分と言えるでしょう。
そんなイソフラボンですが、摂取の仕方は様々。
代表的なのはサプリメントによる摂取ですが、美容液やその他の食品からの摂取も可能です。

このサイトでは、そんなイソフラボンアイテムを改めて解析し、より効果を実感しやすくする為のノウハウを紹介しています。 今、この文章を執筆している私の体験・経験も掲載していく予定なので、かなりイメージしやすいと思いますよ(*^。^*)

イソフラボンってなに?

画像

そもそもイソフラボンとは一体どんな成分なのでしょうか?
簡単に言ってしまえば、これは植物性ポリフェノールの一種。
大豆などに含まれていることで有名です。
女性ホルモンと同じように働く「エストロゲン様作用」や活性酸素を退治して老化を防ぐ「抗酸化作用」などがポイントとなります。

もちろん大豆イソフラボンのなかにも様々な種類があり、ゲニステイン、ダイゼインといった分類がなされています。
しかし、アイテム選びをするうえでは、その点はそこまで深く考える必要はないでしょう。

また、イソフラボンを含有している植物として代表的なのは大豆ですが、この他にも実はイソフラボンを含有している植物は存在します。 私のお薦めは「プエラリア・ミリフィカ」という植物。最近では、かなり有名になってきていますよね。
タイに自生する植物で、大豆の約40倍ものイソフラボンを含有していて、他にもエストロゲン様作用のあるミロエステロールなどの成分も含まれいてるのが魅力です。
その為、効果も非常に高く、先述したエストロゲン様作用もしっかりと発揮されます。
私の場合はバストアップにその効果を活かすことができました。
その際に利用したサプリメントはこちらです。

画像
画像

費用対効果も素晴らしいですし、安全性もしっかりしているのでお薦めですよ♪

イソフラボンの代表的な効果

画像

それでは、さっそくイソフラボンの効果の具体例をみていきましょう。
一体どんな場面で役立ってくれるのでしょうか?
また、「イソフラボンの効果からアイテムを選ぶ特集」も当サイト内に掲載しているので、
そちらも併せて読んでみてください。


美容・アンチエイジングに効く

もっとも代表的な効能として知られているのがコチラ。
強力な抗酸化作用とエストロゲン様作用によっていつまでも若々しくイキイキとした肌をつくりだします。
この効果に関してもプエラリアが原料となっているものがお薦めかも!
ちなみにプエラリアの原産地(タイ北部)の女性はこの効果を存分に活かしている様です。
ある程度の年齢を重ねても肌は潤い、ハリとツヤがあるということで有名なんだとか。

アンチエイジング効果を実感する為にはピュアプエラリアのようなサプリメントを活用しましょう。
また、イソフラボンを配合した美容液を併用するのもお薦めです。
私はその組み合わせで圧倒的な相乗効果を実感することができました。
ちなみに私が使っていたのはオードファブールというメーカーが開発したエッセンスドボーテという美容液です。

更年期障害の改善に!
画像

イソフラボンの持つ女性ホルモン様作用は更年期障害の改善にも役立ちます。
男性の更年期障害にも活用できるので、要チェックです!

女性の場合、更年期障害は閉経後の急激な女性ホルモンの分泌低下によって引き起こされると言われています。 その為、イソフラボンのエストロゲン様作用を活用することによって、ホルモンバランスを正常化して更年期障害を改善・緩和することができるのです。

この効果を実感したい場合でもプエラリアが原料となっているアイテムを使うのがお薦めです。 あるいは、大豆イソフラボンを使用したサプリのなかでも安全性が高いものがイイかも!
例えばトータルな健康効果 でいえばサントリーウェルネスの大豆イソフラボン+亜麻リグナンは信頼度抜群です。

病気の予防にも!
画像

抗酸化作用があるので、イソフラボンは病気の予防にも最適だと言われています。
その他の動脈硬化やメタボリックシンドロームなどの病気にも予防効果があると言えます。
有効活用することで健康を促進し、いつまでも元気で明るい生活を送ることができるでしょう。
当サイトでは健康向けのサプリメントをランキングにまとめています。 ぜひ参考にしてください。

画像
骨粗鬆症の予防に!
画像

骨粗鬆症は骨がもろくなり、骨折のリスクを増加させてしまう恐ろしい病気です。
ちょっとした衝撃でも簡単に骨が折れるようになってしまいます。
これはカルシウムが骨から溶け出してしまうことで、骨が非常に脆い状態になってしまうのが原因です。 そして、カルシウムが骨から溶け出してしまう原因が「女性ホルモンの不足」なのです。
そもそもカルシウムが骨にくっついているのは女性ホルモンが接着剤のような役割を果たすから。
その接着剤が無くなってしまうと、カルシウムが離れていってしまうという訳です。

つまり、これを予防する為には女性ホルモンを補給すれば良いということ。
イソフラボンのエストロゲン様作用がコレを補完するものとして挙げられます。
イソフラボンを上手に活用すれば、いつまでも元気に自分の脚で歩き、運動することができるのです。
骨粗鬆症予防にお薦めのサプリは先述したサントリーウェルネスの大豆イソフラボン+亜麻リグナン
中高年期の健康不安をトータルに解消してくれます。

バストアップにも効く
画像

女性ホルモンと同じように働いてくれるということは、バストアップにも効くということ。
妊娠中に胸が大きくなるのと同じメカニズムでハリのあるバストを手に入れることができるのです。
当サイトではバストアップに効くサプリメントをランキングにまとめています。
ぜひ参考にしてください。

ダイエットに効く
画像

イソフラボンはコレステロール値を抑えて、血行を促進することによって基礎代謝を向上させます。
結果的にダイエットにも大きく貢献してくれるという特徴があります。
また、私のお気に入りのアイテムであるダイエットシェイクは置き換えダイエット用の健康食品。
置き換えダイエットなので短期間で効果を実感することができますし、必要な栄養分もしっかりと補給できます。 リバウンドの心配も少ないですし、健康的に痩せるので肌もキレイになります!
イソフラボンを配合しているのがポイントで、同時にバストアップやアンチエイジングに働きかけてくれるのもポイント。
詳細についてはコチラのダイエットのウソ・ホントというページで紹介しています。
また、当サイトではダイエットに効くサプリメントをランキングにまとめています。 ぜひ参考にしてください。

副作用はあるの?

イソフラボンには副作用はありません。
ただし、食品なのでアレルギーを引き起こす可能性はあります。
もちろんアレルギーを引き起こすことは稀ですから、基本的には意識しなくてもOK。
どうしても心配という人は医師に相談しても良いでしょう。

また、効果を早く感じたいという理由で過剰摂取してしまう人もいるかも知れません。
しかし、過剰摂取は体に負担をかけることになるのでやめましょう。
用法と用量を守って利用するのが一番です。 それさえ守れば、イソフラボンは非常に安全な成分と言えるのです。